動物愛護教室

2月5・6・7日に動物愛護センターの方に来ていただき、動物愛護教室を行いました。人と犬の心臓の音を聞き比べたり、正しい散歩の仕方を教えていただいたりしました。最初はどのように接したらいいのか分からなかった児童も犬をなでたり、飼い主さんのお話を聞いたりしてとても楽しく触れ合うことができました。最後にペットと幸せに暮らすためには、飼い主の責任が大切だということを教えてもらいました。ペットと暮らすことの楽しさや、命の重さを知る貴重な機会になりました。

おもちゃランド

1月31日に「おもちゃランド」をしました。1年生を招いて2年生が生活科の時間に作った手作りのおもちゃで一緒に遊びました。2年生はお兄さん・お姉さんとして司会をしたり、おもちゃの使い方や遊び方の手本を見せながら優しく教えたりして頑張りました。1年生も最初は緊張していましたが、おもちゃの使い方が分かると笑顔でとても楽しそうに遊んでいました。自分たちが一生懸命作ったおもちゃで楽しく遊んでもらえて、2年生はとても満足していました。

昔の道具体験(1月23日(水)・25日(金))

龍野歴史文化資料館とうすくち龍野醤油資料館へ行きました。龍野歴史文化資料館では、そうめんを手作業で伸ばしたり、昔の道具を使ったりして、普段はできないような貴重な体験をすることができました。うすくち龍野醤油資料館では、醤油造りの行程や歴史について話を聞き、龍野の名産品である醤油について知識を深めることができました。

救命入門コース

1月18日(金)、たつの消防署から3名の救急救命士を講師としてお招きして、救命入門コースを行いました。「救命の連鎖」の重要性を学び、「早期認識と通報」「心肺蘇生とAED」について実際に体験しました。今回学んだことを忘れず、誰かにとっての救命の第一走者として、命のバトンを引き継ぐ「救命のリレー」をスタートできるようになりたいと思いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

4年生 防火・救急まめ講座

防火・救急まめ講座

たつの消防署の職員から、「防火・救急」のための講座を受けました。消防士の方からは、実際の火災後の家の写真をもとに火事の悲惨さや恐ろしさを学び、救急救命士の方からは、止血の仕方やけが人を運ぶための簡易担架の作り方や運び方を学びました。また、コンセントと電気プラグの間に溜まった「ほこり」が原因で起こる「トラッキング火災」について知り、身近にある危険に気づきました。最後に簡易のガス爆発の実験を行い、家に見立てた装置から屋根が吹き飛ぶ様子を見ました。防災の大切さを改めて学べた講座でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

5年生 食肉出前講座(1月24日)

新宮食肉センターの獣医さんを講師に招き、食肉センターでどのような仕事をされているのかを学習しました。獣医さんからのお話を聞いたり、牛や豚が家畜として育てられて食肉になるまでの工程を知ったりすることで、命をいただいているということをしっかりと受け止めることができたと思います。

5年生 親子ふれあい(1月22日)

たつのレザーのみなさんに来ていただき、親子で革細工体験をしました。「どんなペンケースにしようか。」「どこに飾りを付けようか。」と親子で相談しながら作ることができ、楽しい時間を過ごすことができました。たつのレザーのみなさん、保護者の皆さん、ありがとうございました。

3年生親子ふれあい

 3年生が親子ふれあいでヒガシマル醤油工場に行きました。ヒガシマル工場の方に醤油の歴史や種類など詳しく教えていただきました。国語科「すがたをかえる大豆」で醤油は大豆からできていることを勉強し、実際の製造工程を見学することでより深い学びとなりました。

4年生 認知症キッズサポーター養成講座

認知症キッズサポーター養成講座

認知症についての知識や経験はほとんどない子どもたちでしたが、ちびまる子ちゃんの劇を通して、認知症の症状やどのように接するのがよいのかを学びました。今後も、人の心に寄り添い、高齢者を含めた他者に対する思いやりの気持ちをいっそう育んでほしいです。

2年生校外学習

11月19日に2年生は、校外学習でヤマサ蒲鉾と姫路水族園に行きました。ヤマサ蒲鉾では、工場でどんな商品を作っているのか丁寧に教えて頂いた後、ちくわや平天など、様々な食べ物が作られている様子を見学しました。また、姫路水族園では、友逹と一緒にたくさんの生き物を見ることができました。いろいろなことを知ったり見たりできて、とても楽しい時間になりました。